示談交渉の段取り

交通事故の被害に遭われた際、「自動車保険に任せれば大丈夫だろう」と安易に思わないようにしましょう。自動車保険を利用するのであれば、示談交渉にも自身で対応する必要があります。この示談交渉とは、法律が深く関わってくる為、また怪我をしているケースでは、まずご自身やご家族だけで解決するのは難しいでしょう。また、直接交渉にしてしまうと、受け取るべき慰謝料の額も雲泥の差となってしまいます。法律については専門家である弁護士に依頼することが賢明ですが、依頼をする為にも、基本的となる知識について理解を深めておくようにしましょう。そして、弁護士を介するメリットについても把握しておくことで、納得した上で安心して任せることができます。

まず、弁護士を介さないで保険会社と示談をした場合、何百万も額が変わってくることがあります。冗談のように聞こえますが、それ程に示談交渉はやり方次第で足元を見られてしまう難しい駆け引きになってきます。つまり、弁護士費用をかけてでも弁護士に依頼することが、最も高額な慰謝料を請求できる手段と言えます。もちろん、怪我を負ったり、入院をしている身体で対応をすることはできません。加害者側の対応にまで使える労力を治療の為に専念する必要がありますので、事故が起こった直前から、弁護士に電話をして対応をお願いするようにしましょう。