交通事故の示談交渉

交通事故を見かけたことは誰しも一度や二度はあるかと思います。呆然とされる被害者の方、怒りや悲しみ、不安、疑問、様々な問題が一瞬にして降りかかることになりますので、その心痛は計り知れませんが、実際に遭遇してしまうと、事故直後から相手側、保険会社との戦いが待ち受けています。どれだけ加害者が悪くても、示談交渉が上手くいかなければ、被害者側にも非があると言われ、泣く泣く低い慰謝料で納得させられる可能性もあります。相手からの本気の誠意を引き出す為にも、交通事故被害による示談について、少し勉強をしておくことをお勧めします。

まず、示談についてですが、交通事故に遭われた際、「警察を呼ばずに直接交渉で示談に応じてほしい」という申し出をされるケースがありますが、すぐに終わらせたい、面倒なことにしたくないという冷静な判断をせずに受け入れないようにしてください。当事者同士が口約束で交わした示談では、ほとんどの場合、納得のいく慰謝料は支払われることはありません。まずは、必ず警察を呼び、記録をとってもらい、実況見分してもらうようにしましょう。ここからがまず第一ステップとなります。また、痛みや外傷が見当たらない場合でも、きちんと病院に行って、医師に診てもらう必要があります。そこをふまえた上で、弁護士や保険会社との示談交渉が始まりますので、焦らず、できるだけ冷静な判断をするように心がけましょう。では、示談交渉について説明します。