頼れる弁護士相談

交通事故被害における示談交渉は、弁護士に相談することが最適であることは理解したとしても、特につてもなく、紹介もしてもらえない場合にはどのように探したら良いかという問題が発生します。大手事務所に問い合わせる方法もありますが、弁護士紹介サイトや口コミ等を参考に複数の弁護士に相談されることをお勧めします。もちろん、事故直後に何社にも問い合わせるには無理がありますので、日頃からネット検索しておいて、信頼できそうな事務所、あるいは個人をピックアップしておくと、いざという時に即対応してもらえますので安心です。

示談交渉は大変デリケートな問題になり、一般人ではなかなか太刀打ちできない分野であります。慰謝料を弁護士基準の高額請求にもっていく為に、最適な弁護士を探すようにしましょう。示談の取り決めには、正しい知識がなかったからと泣き寝入りするケースも実際にあります。十分な保障と、誠意ある態度を引き出す為に、弁護士を活用するようにしましょう。交渉が難航し、複雑化した場合でも、専門家であれば、スムーズな解決の為に尽力してもらえます。保険会社の提示する額は最も低い額であることを知り、最も高い慰謝料の獲得を目指すようにしましょう。

<関連リンク>アディーレ – 交通事故示談情報

示談交渉の段取り

交通事故の被害に遭われた際、「自動車保険に任せれば大丈夫だろう」と安易に思わないようにしましょう。自動車保険を利用するのであれば、示談交渉にも自身で対応する必要があります。この示談交渉とは、法律が深く関わってくる為、また怪我をしているケースでは、まずご自身やご家族だけで解決するのは難しいでしょう。また、直接交渉にしてしまうと、受け取るべき慰謝料の額も雲泥の差となってしまいます。法律については専門家である弁護士に依頼することが賢明ですが、依頼をする為にも、基本的となる知識について理解を深めておくようにしましょう。そして、弁護士を介するメリットについても把握しておくことで、納得した上で安心して任せることができます。

まず、弁護士を介さないで保険会社と示談をした場合、何百万も額が変わってくることがあります。冗談のように聞こえますが、それ程に示談交渉はやり方次第で足元を見られてしまう難しい駆け引きになってきます。つまり、弁護士費用をかけてでも弁護士に依頼することが、最も高額な慰謝料を請求できる手段と言えます。もちろん、怪我を負ったり、入院をしている身体で対応をすることはできません。加害者側の対応にまで使える労力を治療の為に専念する必要がありますので、事故が起こった直前から、弁護士に電話をして対応をお願いするようにしましょう。

交通事故の示談交渉

交通事故を見かけたことは誰しも一度や二度はあるかと思います。呆然とされる被害者の方、怒りや悲しみ、不安、疑問、様々な問題が一瞬にして降りかかることになりますので、その心痛は計り知れませんが、実際に遭遇してしまうと、事故直後から相手側、保険会社との戦いが待ち受けています。どれだけ加害者が悪くても、示談交渉が上手くいかなければ、被害者側にも非があると言われ、泣く泣く低い慰謝料で納得させられる可能性もあります。相手からの本気の誠意を引き出す為にも、交通事故被害による示談について、少し勉強をしておくことをお勧めします。

まず、示談についてですが、交通事故に遭われた際、「警察を呼ばずに直接交渉で示談に応じてほしい」という申し出をされるケースがありますが、すぐに終わらせたい、面倒なことにしたくないという冷静な判断をせずに受け入れないようにしてください。当事者同士が口約束で交わした示談では、ほとんどの場合、納得のいく慰謝料は支払われることはありません。まずは、必ず警察を呼び、記録をとってもらい、実況見分してもらうようにしましょう。ここからがまず第一ステップとなります。また、痛みや外傷が見当たらない場合でも、きちんと病院に行って、医師に診てもらう必要があります。そこをふまえた上で、弁護士や保険会社との示談交渉が始まりますので、焦らず、できるだけ冷静な判断をするように心がけましょう。では、示談交渉について説明します。